ストレートネックの原因 by冨田蓮

現在、当院に通院されている方でもかなり多いのがストレートネックの悩みです。

パソコン、スマホが普及している現在ではストレートネックという言葉は避けて通れないのではないでしょうか。

ストレートネックを甘く見ている人、危機感が無い人は、早めに改善することをおすすめします。

激痛が走り、腕がしびれ、首が動かせなくなる、なんてことになるリスクがストレートネックにはあるのです。

このブログを見た人は是非最後まで読んで、ストレートネック改善に役に立ててください。

 

ストレートネックとは

ストレートネックはいわゆる、首の背骨のカーブが失われて首が真っ直ぐになってしまうことを言います。

本来人間の背骨はS字状にカーブしてます。

首の骨で言うと前弯です。前にカーブしているのです。

背骨のカーブがあることにより、頭の重さ(4~5kg)が吸収されているのです。

その大切なカーブがなくなることにより、頭の重さが吸収できなくなり、首の筋肉だけで頭を支えるようになり数々の症状が出てくるのです。

ストレートネックでおきる不調

先ほど伝えた通り、頭の重さを首だけで支えるので立ってても座ってても常に首に負担がかかっていることになります。

ほとんどの人が最初に感じる症状は、肩こりや首こりです。もしくは背中全体が張ってるとか肩甲骨の張りなどです。

これが続くと、頭痛やめまいなども出てくるひともいます。

もちろん個人差があるので、肩こり等を全く感じないで過ごしている人もいます。

さらに進行していくと、背骨と背骨の間が狭くなってきます。

背骨と背骨の間には椎間板というクッションがあります。ストレートネックになるとそのクッションに通常より何倍もの頭の重さがかかります。

その状態が長く続くと、クッションが薄くなったり、クッションの中が外に飛び出たりします。

これが頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアというものです。

これらは、強い痛みを伴い、腕にしびれがでてくるのが特徴的です。

ひどくなると、腕全体も激痛なんてこともありえます。

ストレートネック改善!簡単ストレッチ!

今回ご紹介する体操は「上部胸椎の運動」というものです。

ストレートネックの人を見てみると、頚椎の下にある上部胸椎が硬くなってることが多いです。

簡単にいうと首だけではなく、背中から(上部胸椎から)丸くなってストレートネックになっている人です。

今まで見てきた中でもこのパターンの人が多いです。

まずはやり方を説明します。動画も見てみてください。

 

①椅子に座り姿勢を正し、腕を横に90度まで挙げて、その状態で肩を触ります。

②そのまま体を丸めます。目線はへそをみて、体の前で左右の肘をくっつけるようにします。

③そしてゆっくり最初の位置に戻していきます。最後に痛みがなければ斜め上を見ます。

~ポイント~

・痛みが無い範囲でやる

・肘はつかなくてもいい

・斜め上を見るときは上を見過ぎない

 

これを1日10回やるといいです。

ストレートネックを改善することで様々な症状が無くなってくると思います。

1人でも多くの症状が改善することを願っております。

ぜひやってみてください。

 

ストレートネックの治療

当院のストレートネック治療は、首はもちろん全身の調整を行っていきます。

全身の調整を行うことで、頭の位置を早く元の位置に戻すことができるのです。

無理やりボキボキやったり、ぐいぐい押したりは全くしない治療法で、安全な痛みのない治療となっております。

首は神経や血管がたくさんあり、力づくの治療には特に向いていません。

そんな首を安全に治療できる整骨院は少ないです。

当院の治療を詳しく知りたい方は下記リンクからご覧ください。

ストレートネックを無痛で改善する整体はこちら

当院は予約制になっておりますので、お電話にご予約をお取り下さい。

当院へのアクセス方法は下記リンクからご覧ください。

当院へのアクセス方法はこちら

 

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る