膝の痛みは変形が原因ではない by冨田

 今回は膝の痛みについてお伝えしていきます。

 

とくにご年配の方に多い変形性膝関節症について説明します。

 

変形膝関節症と聞いても、なんだよそれ!って思う人もいるかも知れないのでおおまかに説明しますね。

 

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、名前の通り膝が変形してしまっている状態です。

 

膝の内側に痛みがあるのが特徴で、ざっくりいうと膝の内側の軟骨がすり減っている状態です。

 

原因は主に加齢と言われているので、歳だから仕方ないとかうまく付き合っていくしかないと言われることがほとんどです。

 

治療としては、痛い所に電気をかけたりマッサージしたり、時には膝に注射を打ったり、筋トレをして痛みをなくしましょうとか頑張って歩いたり運動しましょう、というのが一般的です。

 

しかし、実際にこの治療法でほとんどの人が良くなっているかどうかとなると、そんなことはありません。

あくまでも対症療法なので一時的なものだったりしますし、時間もかなりかかってしまいます。

 

そもそも加齢で起きた変形が原因で痛みが出ているのでしょうか?

 

現実をみてみると、変形があっても痛みが無い人もいるのです!!

なぜでしょう?

 

簡単なことですね。

変形はそこまで問題じゃないのです。

 

しかも変形が痛みの原因であれば、膝はずっと痛いはずです。

時間帯によっては変形が無くなるなんてことはないですから。

 

さらに変形性膝関節症の人のお話を聞くと、痛いときもあれば痛くない時もあるという人がほとんどです。

ということは変形は痛みの大きな原因ではないんですね。

 

言い直すと、変形の影響があるとは思います。

しかしそれが大きな原因となっていることって少ないんです。

 

大きな原因を占めてるのは何か?

それが疑問ですよね。

 

痛みの原因

お答えします。

ずばり「姿勢」です!

 

要点をまとめると、膝が痛いから膝だけの問題じゃないということです。

 

もちろん膝の使い方や筋肉の硬さも問題あります。

でも実は足首や股関節の使い方や筋肉の硬さが関係していることがほとんどです。

 

そして骨盤のゆがみや姿勢のゆがみがあることによって痛みが引き起こされているのです。

 

実際に治療に来られている方でも、何年も痛かった諦めてた膝痛がすっかり楽になった人はたくさんいるのです。

 

つまり膝が痛いから膝だけの治療をするのではなく、原因である姿勢から治していく根本的な治療が必要なのです。

 

当院では無痛ゆがみ調整というのが根本的な解決をしていメニューとなります。

 

膝の痛みの詳細

上記をクリックしてもらうと、膝痛について詳しいことと、エクササイズ等も載っているので参考にしてください。

 

膝痛に効く簡単ストレッチ

膝痛に効くストレッチをお伝えしていきます。

主に膝周りの筋肉の緊張を取っていく体操になります。

これを1日1セット以上はやるようにしましょう。

 

~やり方~

①椅子に座り、片足の太ももの裏に両手を回して持ち、膝が地面から浮いている状態を作る。(太ももの裏に枕を入れるのでも構いません)

②その状態で足を痛くない範囲で30秒間ゆらす。

③逆足も同様にやる。

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る