妊婦さんこそ骨盤調整を受けるべき理由とは by冨田蓮

かみみぞ徳永整骨院です。

今回は当院でも人気のある、マタニティ整体についてお話します。

最後には、妊婦さんでも安全に出来る体操もお伝えしていきます。

 

妊娠中から骨盤はゆがむ

産後の骨盤矯正という言葉は聞いたことあると思います。

たしかに、出産後というのは一番骨盤がゆがみやすいです。

逆をいえば、骨盤はゆがみやすいけど定着する前に調整すれば、早くゆがみは取れる時期でもあるということです。

その中で出産という時期だけで、骨盤がゆがんでくるイメージを持ってる方いませんか??

実は妊娠中からゆがんでいます。

わかりやすくまとめると、

【妊娠中から骨盤がゆがんでくる→出産でより悪くなる→その後定着していく】

こんなストーリが出来上がっています。

もちろん出産後に育児や家事もやっていくと、ゆがみがさらに悪化して定着していく場合もあります。

そのゆがみが不調や痛みにつながってくるので、産後の方はなるべく早くゆがみを調整するのがおすすめです。

一番理想なのは、妊娠中から定期的に骨盤のゆがみを整え出産に備えることです。

そして産後にも定期的にゆがみを調整するようにすると、治りがとても早くいい状態がつくられやすいです。

おすすめは、

【妊娠中から骨盤を整える→無事出産→妊娠中から整えているので産後のゆがみも早く治る】

 

骨盤がゆがむ原因とは

妊娠中に骨盤がゆがむ原因とは何があるのでしょうか。

まずは単純にお腹が大きくなるので、腰や股関節に負担がかかります。

それが骨盤のゆがみにつながってくるのです。

もう一つは、お腹が大きくなると腰が反るような姿勢や歩き方になってきます。

その姿勢は股関節が常に伸ばされ緊張している状態です。

これがゆがみにつながってきます。

なので妊婦さんで多い不調なのが、腰痛や股関節の痛み、骨盤の痛み(恥骨痛・尾骨痛)などです。

 

妊婦さんへの施術

当院では痛みのある妊婦さんはもちろん、産後の骨盤調整を考えている人は妊娠中から調整していくのをおすすめしています。

妊婦さんは、うつ伏せにもなれないし、薬や機械も使えないし、そもそも体に負担がかかることはしたくないというのが現実です。

そんな中で、当院の施術は上向きのみで施術を進めていき、とても優しいやり方で施術していきます。

実際に出産ぎりぎりまで通われる方が多いです。

それだけ体の負担がかからないのです。

バキバキボキボキとかぐいぐい押したりはしません。

身体を優しくゆらしたりするだけなのですが、身体はそれだけでも反応する仕組みがあるのです。

当院はその仕組みをうまく使い施術をしています。

 

 

簡単!妊婦さんでも出来る簡単体操

先ほど、股関節や腰に負担がかかりやすいということを書きました。

特に股関節は重要なポイントになります。

今回は股関節の負担を減らしていく(緊張をとっていく)体操をお伝えしていきます。

動画があるので、動画でも確認してください。

 

~やり方~

①椅子に座り膝が伸びるようにする

②踵を支点にして足を左右にゆらゆらと動かす

③ゆらしながら 両手で股関節の外側→真ん中→内側と触る(各10秒ずつ)

 

~動画~

 

これを1日1セット以上やるようにしてください。

動画は座ってやってますが、仰向けで寝てやってもいいし、長座でやっても構いません。

とにかく力が抜ける状態でやってみてください(*´ω`*)

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る