つらい四十肩、五十肩を撃退!! by冨田蓮

かみみぞ徳永整骨院です。

突然肩の痛みが出てきて、日に日に痛みが増して夜寝るのもつらくなってきます。

いわゆる五十肩や四十肩といわれるものです。

そんな肩の痛みに対するエクササイズをお伝えしていくので、やってみてください。

まずは肩の痛みについて解説していきたいと思います。

 

四十肩・五十肩とは

四十肩と五十肩は同じ症状です。

四十歳代で痛くなるか、五十歳代で痛くなるかの違いだけで名前が違うだけです。

正式には「肩関節周囲炎」なんかと言われます。

名前の通り、肩の関節で炎症が起きてますということです。

どんなことが肩で起きてるかというと、肩関節のアライメント不良が起きてます。

肩が突き出ている「突き出し肩」というものが、五十肩の人に必ずあって、肩が突き出すことにより、肩の関節の使い方が変わってきます。

肩の関節は肩甲骨と上腕骨で出来ているので、突き出し肩になると上腕骨が前に出てきます。

そうなると、肩甲骨と上腕骨がしっかり組み合わさる正常の関節ではなく、イメージ的には関節がずれているような肩になってきます。

その状態だと、痛そうなのは想像できると思います。

肩が突き出る原因は、胸の筋肉や腕の筋肉が緊張してそれに引っ張られて肩が突き出てきます。

四十歳代や五十歳代は体の緊張が生まれやすく、突き出し肩になりやすいのです。

まとめると、

【筋肉が緊張しやすくなり、突き出し肩になる→腕の骨が前にずれてくる→それが関節のズレになり、その状態で動かすので痛みが出る】

こんなストーリーがあるのです。

 

四十肩・五十肩の症状

特徴的な症状はいくつかあります。

まずは、夜の痛みです。夜間痛ともいいます。

夜に上向きや痛い方を下にして横向きになって寝ると痛くて寝れないとか、痛みで目が覚めるなんてことが症状で非常に多いです。

上向きに寝ると重力で肩が引かれますが、突き出し肩があるとその肩が引かれることが負担になり痛みになるのです。

他には着替えるときの痛みが特徴的な症状です。

結帯という、背中に手を回すような動きが一番痛い動きの方が多いです。

痛む場所は、肩の関節や、腕が痛む人が多いです。

中には前腕にも痛みが出てくる人もいます。

 

四十肩・五十肩の治療

当院では、突き出し肩を改善するような施術も大切でアプローチしていきます。

それに加えて、肩甲骨の動きや肘や手首の動きも良くしていくようなことをします。

さらに、肩が痛いとかばって生活していくので身体が歪みやすく、そのゆがみが新たな不調を生んだりより治りにくい体になってきます。

なのでその体のゆがみからも治して、痛い箇所だけではなく体全体から治していくことをやっています。

当院では「無痛ゆがみ調整」が全身の調整です。

気になる方はリンクを見てみて下さい。

無痛ゆがみ調整についてはこちら

 

簡単!!自宅で一分エクササイズ!

今回は、肩甲骨のゆがみを取っていくようなエクササイズをお伝えしていきます。

動画もあるので、一緒にごらんください。

 

~やり方~

①肩に手を置き姿勢を良くする。

②まずは前まわしで肩に手を置いたまま肩を回す。3回ぐらい回したら後ろ回しも3回やる。

③前まわしと後ろ回しを比べてやりやすい方向だけもう10回回します。

④最後にやりにくかった方向をもう一度回して、やりにくさを確認してみます。

 

~ポイント~

・やりやすい方向のみやる

・どちらも変わらなければ、両回しやる

・痛くない範囲でやる

 

~動画~

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る