交通事故の手続きって難しい? by冨田蓮

相模原市のかみみぞ徳永整骨院です。

いざ交通事故に遭遇した時にどうすればいいのか分からない人の方が多いと思います。

今回はいざ交通事故に遭われた際に役立つ情報をお伝えしますので今後に生かしてもらえると嬉しいです。

 

まずやるべきこと

交通事故の現場に実際にあった時に、自分が加害者、被害者、目撃者のどんな立場であろうが、まずはケガの確認をしましょう。

ここでもたついていると、生死に関わる可能性だってあります。

それと同時に安全な場所を確保するようにしてください。

車を路肩に寄せハザードランプをつけたり、負傷者を安全な場所に移動させたりです。

そしてすぐに110番してください。

もちろん119番もしましょう。車の損傷具合がかなりのものだったら、衝撃はかなり強く頭を打っている可能性もあります。

警察に相談してから119番通報でもいいでしょうが、意識がない、出血してる、骨折している、痛みが強い等で誰もが異常な状態とわかるのであれば、すぐに119番通報です。命にかかわります。

 

ここまでやってはいけないこととしては、走行中の軽い接触事故でもかならず警察に通報することです。

軽いからその場で示談をしてしまうと、車の修理代が請求できなかったり、ケガの治療費も慰謝料ももらうことが出来なくりすごく損になります。

なので、面倒ではありますが交通事故の際は警察に通報しましょう。

 

交通事故でのケガの治療の流れ

警察に通報すると、すぐに駆けつけてくれて現場検証や事情聴取が行われていきます。

その場では痛みや不調がないけれど、後から痛みが出てくるなんてことはよくあります。

軽い事故でも、整形外科や病院に行ってレントゲンをとってもらい、診断書をもらい警察に提出しましょう。

絶対に1週間以内には診断書をもらって提出しましょう。

これで人身事故扱いになるので、ケガに対する治療ができるようになり、相手の保険会社に治療費や慰謝料が請求できます。

これを怠り、物損事故のままだと治療が受けれない可能性も出てくのです。

特例で相手の保険会社が、物損事故のまま治療を受けれるようにするということもありますが、基本的には警察に診断書を提出しましょう。

そうしないと、受けれる保証が受けれない可能性も出てきます。

 

診断書をもらうときは、コピーも数枚もらっておくといいでしょう。整骨院や接骨院に通うときに診断書を提出するとスムーズになるのです。

封されていてあけられないものもあるので、病院や整形外科で診断書をもらうときに頼んでみてください。

もう一つ診断書に関してのアドバイスは、病院にいったら最低でも首と腰はレントゲンをとってもらい診断書をだしてもらってください。

なぜかというと、事故のけがは首のむちうちが有名ですが、実は腰のケガも多く後から痛みがでてくるケースが多いのです。

その痛みが出てから診断書をもらおうとしても、事故との因果関係がないと判断され腰の治療ができなくなるのです。

痛いのに治療ができないという、最悪なパターンに陥ってしまいます。

背骨は一本でつながっています、それなのに首だけ痛めているという考えは不自然なのです。

痛くなくても、違和感があり心配なので、と言えば必ず診てくれます。

今ある痛みだけに捉われず、その先のことも考えると首と腰を診てもらうのは必須です。

 

まとめると、

【軽い事故でも1週間以内に整形外科か病院に行く→首と腰は絶対にレントゲンをとり、プラス他の痛い部分をみてもらう→診断書をだしてもらい、コピーも数枚もらう→警察に提出して人身事故扱いにする→病院や整骨院・接骨院で継続して治療を受ける】

この流れが理想です。

 

治療は整骨院と病院を併用する

正直に申しますと、病院は薬や電気をあてる治療が主流なので、それだけではなかなか改善しにくいです。

そして定期的に1週間に1回や2週間に1回は病院に行き診てもらってください。

そうすることにより、適切な治療期間が確保できます。

お医者さんが、治療の期間を決める権限が強いので接骨院だけだと治療が打ち切られたというケースは非常に多いのです。

ケガの回復具合の確認と適切な治療期間を確保するためにも、定期的に通いましょう。

普段は、できるだけ毎日接骨院や整骨院に通うのが理想です。

普段からケガに対する治療をおこなっているので、専門的な治療をしてくれるので回復がはやくなります。

まとめると、

【病院・整形外科に1週間か2週間に1回は通院→その他の日は、交通事故専門治療を行っている接骨院や整骨院に通院し体を回復させる】

という流れが理想的になります。

 

より詳しく交通事故によるケガの解説や治し方を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

交通事故のケガを詳しく知りたい方はこちら

 

保険会社とスムーズな交渉をするには

相手の保険会社はプロで被害者の人は素人です。

そのため、治療期間が適切ではなくなったり、慰謝料が少なくなったりします。

又、保険会社とのやり取りが煩わしいと思う人も多いと思います。

交通事故にあった方全員におすすめなのが、弁護士をつけることです。

これは、自分の入っている保険に「弁護士特約」という特約が入っていることが条件ですが、家族がはいっている保険でも何の保険でもいいのです。

意外とこの特約を入っていることが知らない人が多いです。

この弁護士特約を使うことによって、等級が下がることもありませんし、金額の上限もありますが普通の交通事故の治療をする時はまず超えません。

なので金額の面でも負担は0ですし、保険会社の連絡が弁護士を通してからなので、自ら交渉する必要もなくるのです。

弁護士特約入ってないよ!という方でも、適切な慰謝料をもらうために、最後の示談交渉だけ弁護士に頼むという人もかなり多いです。

たかが交通事故ですが弁護士をたてることをおすすめします。

弁護士を選ぶ時も、交通事故に強い弁護士がたくさんいるので、ネットで調べてみるのも一つの手です。

 

最後に

長くなりましたが、大体の流れは理解できたでしょうか。

交通事故は後遺症も残る人もいますし、保険会社とのやり取りでいやな思いをする人がたくさんいます。

その人達に役に立てれればなと思います。

わからないことがあれば、お電話やメールでも受け付けますので、気軽に当院にご相談してください。

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る