つらい腕のしびれ・痛みを改善するには by冨田蓮

相模原市からお伝えします。

今回は、腕(手)のしびれや痛みを改善する方法や、症状が出るメカニズムも含めて説明していきます。

なかなか改善できない人もいるかと思いますので、最後に体操もお伝えします。参考にしてください

 

しびれの原因は

腕のしびれはとてもつらいです。

もっとひどくなると、腕全体がしびれそして激痛が走り、手に力が入らなくなるという状態にまでなりえます。

そもそも、そんなひどいしびれはどこが原因になっているのでしょうか?

正解は「首」です。

すべての腕のしびれが首が原因になっているわけではないですが、腕全体のしびれや痛みがある場合はかなりの確率で首が多いです。

他にしびれの原因になりえるのは、手根管症候群や肘部管症候群などがありますが、激痛を伴うわけではありません。

もちろん手根管症候群や肘部管症候群を甘く見ているわけではありませんし、症状が軽いとも思いません。

首からくるしびれのほうが、範囲が広いのとひどいと激痛を伴うことがあるということを認識しといてください。

ただ首からくるしびれでも、指先のしびれだけだったり、上腕のしびれだけということも多いです。

しびれの原因が首にある人が、レントゲンやMRIをとると、「頚椎症」や「頚椎神経根症」、ひどいと「頚椎ヘルニア」なんて診断を受けることが多いです。

それらの首の異常がそもそも何が負担になり、「頚椎症」や「頸椎ヘルニア」になるのでしょうか。

 

姿勢が首に負担をかける

しびれの原因は首にあることを上記に書きました。

次は首に負担をかける根本的な原因を追究していきます。

首に負担がかかっていると、肩こりや頭痛を引き起こします。

その状態が続くと、「頚椎症」「頚椎ヘルニア」になっていきます。

簡単にいうと、肩こりの延長線上には誰しもが頚椎ヘルニアになる可能性があるということです。

首に負担がかかる原因は、ずばり「姿勢」です。

とくに頭が前に出て猫背になっている姿勢が、一番首に負担をかけます。

もちろん左右のバランスが崩れていても、首の負担の原因になります。

ここまでをまとめると、

【姿勢の悪さや体のゆがみで首に負担がかかる→肩こり首こりを感じる→腕にしびれや痛みも伴ってくる→頚椎症や頚椎ヘルニアと診断される】

という流れで、当院に来院される方が多いです。

 

治療法

ここまで来れば、やるべき治療が見えてきたと思います。

一言で言うと、姿勢を良くして左右のバランスを整える、ということをすればおのずとしびれも取れてきます。

しびれに効く薬や痛み止めを飲んで、その場だけラクになっても意味ないですよね。

今ある症状に対しての対症療法ではなく、根本的な原因から解決して結果的に首にかかる負担を減らしてしびれを治していく、というのが本来の治療であるはずです。

当院では根本治療を行っているので、相模原市内にとどまらず、遠方から来院される方がいます。

ストレートネック、頚椎症や頚椎ヘルニアと診断されている方におすすめなのが、「頚椎専門治療」です。

頚椎専門治療についてはこちら

当院の人気メニューの「無痛ゆがみ調整」でも、腕のしびれや痛みにも対しても施術できます。

こちらでもたくさんの人が改善されています。

無痛ゆがみ調整についてはこちら

 

簡単!自宅で出来るエクササイズ!!

今回は自宅で姿勢を良くするエクササイズをお伝えしていきます。

「上部胸椎の運動」という体操です。

背中が丸まっている人が多いので、それを改善していく体操です。

動画もあるので参考にしてください。

1日10回を目安に続けてみてください!!

 

~やり方~

①手を肩におきます。へそを見るようにして背中を丸めながら肘と肘をくっつけます。

②元の状態に戻します。最後に痛みがなければ斜め上をみます。

 

~ポイント~

・痛みがない範囲でおこなってください。

・斜め上を向く時は、やりすぎないよう注意してください。

 

~動画~

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る