脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は歳だから仕方ないとか、上手く付き合っていくしかないと考えている人が多いのではないでしょうか。

痛いから痛み止めを飲んだり注射を打つ、しびれているから腰を温めたり揉んだりする、といった対症療法では、脊柱管狭窄症を改善するのは難しいでしょう。

脊柱管狭窄症においても原因がちゃんとあり、特に姿勢の部分が深く関係しています。脊柱管狭窄症は時には歩けなくなる場合もあるので、早めに改善するのが治りも早く再発予防にもなるのでおすすめです。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、文字通り脊柱が何らかの原因によって狭窄してしまい脊髄神経を圧迫します。

その圧迫により足にしびれや痛みが出ることを脊柱管狭窄症と言うのです。

※他に足にしびれが出る原因には、腰椎ヘルニア坐骨神経痛などがあります。

 

代表的な症状は間欠性跛行です。

これは、歩いているとだんだん足がしびれて痛みが出てきます。しかししばらく止まって休んでいると痛みやしびれが引いてきます。

これが間欠性跛行というものです。

 

神経を圧迫する原因はたくさんありますが、背骨が変形したり靭帯や背骨の周りの組織が変性したりすると神経を圧迫するのが一般的な脊柱管狭窄症です。

そして上記の原因は加齢によるもの、と認識されています。

 

たしかに加齢とともに体の変化は起きますが、背骨の変形や靭帯の変性を加齢という原因でひとくくりでまとめることは出来ません。

 

実は加齢以外にも原因があるのです。

 

それが「姿勢」です。姿勢に問題があることで腰にはすごく負担がかかります。この負担が実は脊柱管狭窄症と深く関係しているのです。

Fotolia_47022983_XS

 

脊柱管狭窄症になりやすい人の特徴とは

脊柱管狭窄症になりやすい人の特徴として、長年慢性腰痛がある、ぎっくり腰を何回も繰り返している等々の元々腰に問題を抱えていることがほとんどです。

慢性腰痛やぎっくり腰は、普段の姿勢の悪さや体のゆがみの部分が深く関係しています。

 

姿勢悪さやゆがみの部分をそのままにしておくと、今までは慢性腰痛やぎっくり腰だったのが脊柱管狭窄症になっていくのです。

 

「脊柱管狭窄症の手術をしたけど症状が取れない」というような声もよく聞かれますが、これは結局は腰にかかる根本的な負担が解決していないから痛みが残っているのです。

 

このように腰にかかる負担を根本的に減らすことで、脊柱管狭窄症は改善していきます

実際に当院でも脊柱管狭窄症の方で改善している方がたくさんいます。

脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の治療は、そもそも腰にかかっている負担を減らすということが一番のポイントです。

当院の治療は患部だけを施術するのではなく、体全体を施術し調整します。

「無痛ゆがみ調整」という治療で、全身の筋肉の緊張を取り除き姿勢の悪さや体のゆがみを改善する根本治療となっています。

 

もう薬に頼りたくない、

早く改善して自由に歩きたい、

どこに行っても良くならないというお悩みの方はぜひかみみぞ徳永整骨院にお任せください。

 

 

 

◆無痛ゆがみ調整

料金:1回2680円(税抜)・初診料1000円(税抜)

時間:初診の方は1時間(治療は約15分)

 

詳しくは下記リンクの「無痛ゆがみ調整」の欄をご覧ください。

→ 治療の無痛ゆがみ調整について

 

 

お問い合わせはお電話、LINEから受け付けております。気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。(042-713-1290)

《ご相談はこちら》友だち追加

脊柱管狭窄症を改善するストレッチ

脊柱管狭窄症を改善するにあたって避けては通れないのは「股関節の緊張」です。

股関節の緊張が腰に負担を掛ける姿勢を創っていくのです。

なので股関節の緊張をとっていく、簡単なストレッチをご紹介します。

動画もありますので、一緒にご覧ください。

 

~やり方~

① 段差に片足を乗せて、もう片足をだらんと垂らすのと体は正面を向く

② だらんとしたまま足を前後に振る

③ 30秒間ゆらしたら、逆足もやる

 

~動画~

 

《ご相談はこちら》友だち追加

対応症状一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る