子供がむちうちになってしまった時の3つの対処法

神奈川県相模原市のかみみぞ徳永整骨院冨田です。

 

 

最近、子供がむちうちになって首を痛めたお子様が来院されました。

ソファから落ちた際に痛めてしまって、首を動かすと痛くて泣いてしまう状況でした。

 

子供のむちうちを甘く見ていると、大きくなった時に肩コリになりやすかったり頭痛持ちになる可能性もあります。

そんな危険なむちうちに、子供がなってしまった時の3つの対処方法をお伝えします。

 

むちうちとは

まず、むちうちとは交通事故や転んだ際の衝撃で頭が前後に激しくふられ、その際に背骨を痛めることをむちうちと呼びます。

背骨全体を痛めるので首や腰の痛みを訴えますが、とくに首にかかる衝撃が1番大き後遺症にもなりやすい部分。

 

首は脳に近いのに加え、血管や神経が緻密に通っているので、首を痛めるだけで様々な障害が出るのでしっかり治療することがおすすめです。

 

子供のむちうち

首を痛めるということ自体はそんなに数は多くはないです。とくに子供なんかは、寝違えぐらいではないでしょうか?

大人のように、首がこってて動かすと痛いなんてことはありえないでしょう。

 

例えば、転んで膝をぶつけて痛みを訴えることはよくあると思いますし、こうような打撲などは、とくに治療をしなくても人間の治癒力で改善します。

 

むちうちは、転んだり交通事故の衝撃で間接的に痛める為治りも悪いので、打撲などの怪我とは別物と考えてください。

 

子供の体全体は大人よりしなやかで、背骨も同様です。

「よくこんな寝方して首を痛めないな」と思うぐらい、変な寝方をしてもケロッとしているのは、日常からあるのでは?

それぐらい変な負担がかかっていても、日常の衝撃なら首を痛めることは子供はほぼありません。

 

 

上記のことを踏まえると、子供が自ら「首が痛い」と訴えること自体が、明らかに異常なのですね。

子供が危険な様子をまとめると…

 

・転んでから首を動かさない

・転んでから首が痛いと泣き止まない

・首を動かせば痛いと泣いてしまう

・1日経っても首が痛いと訴える

 

上記に当てはまるのであれば、むちうちの可能性があり危険なので、次にあげる3つの対処方法を実践してみてください。

 

①まずは病院で検査

やはり、検査をしておくのが1番安心です。目に見えて異常が無くてもレントゲンやMRIの画像診断では異常が見つかることもあります。

むちうちであれば検査をしても異常が出ませんし、背骨の骨折の可能性も子供でしたら低いです。

 

しかし、子供の場合は転んで頭を打っている可能性もあるので、万が一の為の対処をしておきましょう。

 

とくにMRIがとれれば脳の異常があるかないかわかります。

整形外科や脳神経外科などの病院に行くのが一般的ですね。

 

注意点としてお伝えしておきたいのは、病院での治療自体がとくにすることなく終わることが多いです。

子供なので、薬を飲んだり電気をかけたりするマッサージすることは危なくて出来ないので、その点は頭に入れておきましょう。

 

最悪のケースを避けるるためにもまずは病院へ行くのがまずは得策です。

 

②子供の治療が出来る整体院や整骨院を探す

検査で異常がないことがわかれば、むちうちに対する治療をすることを必ずしましょう。早期回復にもなりますし、後遺症になる可能性もあるので早めの対処が1番です。

 

ただし、マッサージや電気をかけることは絶対にしないでください。子供にマッサージや電気は刺激が強く、悪化させてしまうのです。

 

なので、無痛治療や子供の施術実績がある治療院を探しましょう。

電話で治療法を聞いてみるのも良いですね。しつこいですが、マッサージや電気治療はやめましょう。

 

今の時代はネットで検索すればすぐに治療してくれる院を探せます。

 

例えば…

 

「子供のむちうち 治療 ○○(住んでいる地名)」

「子供 むちうち 無痛治療 ○○(住んでいる地名)」

「子供むちうち 整骨院(整体) ○○(住んでいる地名)」

 

などと、調べれば探せると思います。

もし見つかなければ、無痛治療などのキーワードで検索してみて、子供の治療が可能かどうかを電話で確認するのも手です。

 

人の手で、

マッサージしない、

無痛(低刺激)治療をしてくれる院を探してください。

 

 

もちろん、当院でも子供のむちうちにも対応しているので、お気軽にお問い合わせください。

無痛治療なので安全ですし、今までにも数多くのむちうちになった子供達を診ています。

≫子供のむちうちページはこちら

 

交通事故での子供のむちうち治療も対応しますので、お電話にてご相談ください。もしくはLINEでもお問い合わせは受け付けておりますのでご利用ください。

タップで今すぐ電話相談・予約する(042-713-1290)

★LINEで個別相談もOK!

 

③家では暖めることと、痛いことはしない

自宅でのセルフケアとしては、まずお風呂につかってよく暖めるめることです。

お風呂に入って暖まるだけで、痛みが減ることも多いです。

ぜひ、お風呂にゆっくりつかりましょう。

 

お風呂は全身浴で、温度は40度ぐらい、時間は数分~10分ほどで大丈夫です。

 

 

子供が痛みを訴えるむちうちを改善するには、ある程度の日数は必要になります。

痛いことを無理やりやってしまうと、その日数が伸びてしまいます。

 

痛くて動かさなければ、そのまま動かしてくれるのを待ちましょう。

無理に親が動かすように言ったり、手で無理やり動かすことはしないようにしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

子供がむちうちになる瞬間を見ていなくて、気づいたら首が痛いと大泣きしていた人も多いです。

あと、車に乗ってて急ブレーキで頭が振られて痛めた例もありました。

 

子供のむちうちは早期治療が1番です。

通院回数も大人のむちうちに比べるとかなり少ないと思います。

 

大切なお子様を守るためにも、正しい知識を覚えておきましょう。当院ではいつでもご相談ください。分からなければ専門家に聞くのが1番ですから。

 

タップで今すぐ電話相談・予約する(042-713-1290)

 

★LINEで個別相談もOK!

 

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る