膝痛

40代頃から、特に思い当たる原因もなくひざに痛みが出てきた場合、病院を受診すると、ほとんどの場合「変形性膝関節症」という診断を受ける方が多いと思います。

「変形性膝関節症」とは、ひざの関節の軟骨が加齢とともにすり減ってきたり、骨自体も変形することで痛みを発症するものと考えられていて、他にも原因不明の膝痛もよくみかけます。

そんな膝痛ですが、原因がわからないから仕方ないとか歳だから仕方ないと諦めている方が多いです。

実は膝痛はしっかりとした対処をすれば、変形があっても痛みは取れていくのです。

当院の膝痛治療

膝が痛くてもその他の部分にも問題があることが多く、歩き方・姿勢なども膝痛を引き起こす大きな原因です。

なので、当院では膝だけではなく体全体を調節する「無痛ゆがみ調整」で膝痛に対して治療します。

 

無痛ゆがみ調整について詳しくは別ページでも解説しているのでご覧ください。

≫無痛ゆがみ調整について

 

◆無痛ゆがみ調整

料金:1回2680円(税抜)・初診料1000円(税抜)

時間:初診の方は1時間かかります(治療時間は約15分)

 

膝が痛くなる原因

変形性膝関節症の膝の痛みの方は病院でレントゲンの検査をすると、軟骨が減っていることや、骨が変形していることが一目瞭然です。

なので、「ひざの痛み」で受診した方が、そのような説明ととも に、「年だからしょうがない」「上手く付き合っていくしかない」「ひどくなれば人工関節の手術」等もセットで説明を受ければ、「変形は治らない以上、この 痛みは治らいんだな」と錯覚してしまいます。446355

 

しかし今の膝の痛みは本当に変形による痛みなのでしょうか?

 

実際に考えてみてください。

 

膝が変形しているのに、痛い時と痛くない時がありませんか?

変形しているのに、時によっては痛みが出ないというのは不自然ですよね。変形は時間によっては治るわけではなく、常にあるからです。

 

つまり、変形はあるんだけどそれ以外にも原因があるというのが膝痛を改善していく上でポイントになってきます。

 

実際に当院で変形性膝関節症と診断された方が治療を続けると、痛みがどんどん改善していくのです。

変形自体は整体では治りませんが、変形があっても痛みがでない膝に変わっていくのです。

 

もちろん変形が原因で痛みが出ていることもあります。

それ以上に他に原因が隠されている方が割合としては大きいのです。

 

痛みが引き起こされる様々な原因

上記で変形はそんな大きな問題にはなってないとお伝えしましたが、他に考えれる原因はどこにあるのでしょう。

これも人それぞれですが、多いのは股関節に問題があるパターンです。

 

股関節は人間に置いて最も大切な関節と言っていいぐらい重要ですが、実は股関節の動きが悪いと膝に負担がかかりやすくなるのです。

 

他にも足首の動きが悪い方も多いです。

歩く時には、膝だけが動いているわけではなく、足首も股関節も動いて、初めて歩くことが出来ます。

 

例えば、足首の動きが悪いと膝やその周辺の筋肉で動きを補います。

この繰り返しで徐々に膝にダメージが蓄積して痛みが出ているのです。

 

又、骨盤のゆがみやねじれ等も深く関係してきます。

歳だから仕方ないと言われる由縁は、「膝以外の原因もあるのそこに気づかず膝だけを治療するのでいつまでたっても痛みが残る」ということなのです。

 

レントゲンをとっても異常がない膝痛

変形性膝関節症は変形が全ての原因ではないとお伝えしましたが、レントゲンをとっても異常がない膝痛の方もよく来院されます。

いわゆる原因不明ということです。

膝に異常や変形が無ければ、とてもわかりやすいと思いますが、同じように膝以外の問題があってそこを解決すれば痛みは改善していくのです。

 

アプローチ方法は変形があろうがなかろうが、変わらないのです。他の関節の動きが悪かったり、骨盤のゆがみが原因のことが多いのです。

 

病院で診断名が付く膝痛もありますが、基本的なことはどんな膝痛も変わりません。

繰り返しになりますが、どんな膝痛の方でも他の関節や骨盤のゆがみ、いわゆる全身の治療をすることが早く改善出来る一番の治療法なのです。

骨盤のゆがみが深く関係している

膝痛の原因がは骨盤にあることもあるとお伝えしましたが、2つのタイプが当てはまることが多いです。

一つ目は左右の骨盤の高さが違う事です。

下記の写真を見てみましょう。

 

IMG_3043 IMG_0956

 

この場合、骨盤の高さが違うことにより左右の膝にかかる負荷が変わります。

例えば、立位時に自分の体重が左右の膝に5:5と均等に負荷がかかっていることが理想ですが、骨盤の高さが違う方はどちらかの膝に6:4もしくは7:3と負荷がかかりやすくなります。

立っているだけでも負担がかかるのです。

その結果、日常生活で知らず知らずのうちに膝にダメージが溜まっていき、膝に痛みが発症のです。

 

二つ目は、骨盤がねじれていることです。

 

骨盤IMG_2075

 

この場合、立った状態でももが真っ直ぐあがることが理想ですが骨盤がねじれてると真っ直ぐ上がらずに膝が内側または外側に向く傾向があります。

そのため、普段歩く時にももが真っ直ぐ上がらないため足の裏が地面に着く際、膝に余計な負荷、力がかかり膝の痛みへと繋がるのです。

以上のことから骨盤のゆがみやねじれが深く膝痛に関係していることがわかるかと思います。

 

当院の膝痛治療

当院では、膝が痛いという人に対して根本治療をおこなう「無痛ゆがみ調整」をおこなっています。

上記にも書いてありますが、膝だけに問題があるわけではなく、体のあらゆる部分に原因が隠されていることが多いです。

なので、当院では全身の治療をおこない、膝の痛みを早期回復に向かわせます。

 

無痛と書いてある通り、当院の施術方法はまったく痛くありません。

痛い膝を無理矢理曲げたり、バキバキしたり、ぐいぐいしたりすることは一切しません。

 

 

◆無痛ゆがみ調整

料金:1回2680円(税抜)・初診料1000円(税抜)

時間:初診の方は1時間かかります(治療時間は約15分)

 

詳しくは下記リンクの「無痛ゆがみ調整」の欄をご覧ください。

▶無痛ゆがみ調整について

 

 

 

ご相談やお問い合わせも随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

優しいソフトなやり方で全身を整えていくので、子供から~ご年配の方まで、幅広い年代に対応しています。

 

お問い合わせはお電話、LINEから受け付けております。気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。(042-713-1290)

《ご相談はこちら》友だち追加
 
★夜間・休日専用でネット予約も受付中

 
 

患者様の声

膝の痛み・無痛ゆがみ調整
S・O 様

【氏名】 S・O 様
【年齢】 70歳
【性別】 女性
【住所】 東京都町田市

【施術】 無痛ゆがみ調整
【症状】 膝痛

「加齢ですから・・・」と宣告される膝の痛みは日々の暮らしを大きく圧迫します。初めての日に先生から説明を伺っても半信半疑でスタートした施術でしたが、それから・・・本当に魔法にかかったように痛みは感じなくなり、この頃では、自分の身体との付き合い方も変わってきました。気持ちも元気になりました!

普通に歩けることは本当にパワーなのです!こうしてメンテナンスして頂きながら出来る限り、元気に年を重ね、歩いていたいと願っています。

ありがとうございます。

 

簡単!自宅で出来る膝痛のセルフケア

今日から家で出来ることは、まずは膝をよく温めましょう。

おすすめは湯船に浸かる事です。湯船に浸かると全身が温められるので、血液循環がよくなり回復力が上がります。

なので出来るだけ毎日湯船に浸かると、回復しやすい体が作られるのです。

 

膝が痛いと無理してでも動かさないと固まってしまうと考えている方が多いと思いますが、実は無理やり動かすことはむしろ悪くなっています。

人間は痛みを感じることで無意識に防御反応が働きます。これは痛みがある周辺の筋肉を緊張させてしまう反応です。

 

つまり無理やり動かすことにより、膝に余計な緊張が生まれてしまうので、動かす時は痛みの出ない範囲で動いたり、痛みが出にくい動かし方を心がけるだけでも、長期的にみていくと効果的

もし痛みを我慢してまで運動しているのであれば、今すぐ辞めるべきでしょう。

 

膝の痛みに効く簡単ストレッチ

膝が痛い方に多い特徴は、股関節の緊張が多いことです。

股関節の緊張があると、膝に負担がかかりやすくなるのです。

なので股関節を緩めてあげると、膝への負担が減り痛みが軽減されることはよくあります。

安全にできる体操なので、1日1セットはやるようにしましょう。

 

やり方

①椅子にあさく座り膝を伸ばす
②踵を支点にして、足先を左右にぶらぶらとゆらす
③ゆらしながら股関節を、外側→真ん中→内側とそれぞれ各10秒ずつ触る

動画

 

《ご相談はこちら》友だち追加
 
★夜間・休日専用でネット予約も受付中

 

 

▶膝痛治療の無痛ゆがみ調整について

対応症状一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る