出産後の骨盤を引き締めることって可能? by冨田

当院では、産後骨盤矯正を行っています。

やはり出産後の骨盤のゆがみを気にされている方が多いですね。

もちろん痛みや不調も伴って来院されます。

 

よく出産後の骨盤のゆがみときくと、骨盤が開いていることをイメージされることが多いのではないのでしょうか?

さて、本当に骨盤が開いているのでしょうか?

そして骨盤を引き締めることって出来るのでしょうか?

 

本当の骨盤の状態

答えとしては、骨盤は開いていません。

正確にいうと、出産前後は産道を確保するために関節がゆるんだりするので少しだけですが骨盤は開きます。

ただ、これも微々たるものです。

しかも出産後のホルモンの影響によって元に戻ります。

なのでいつまでも骨盤が開いていることはないのです。

 

しかし、実際に見てみると骨盤が開いているように見えますがなぜでしょうか?

 

それは骨盤が後ろに倒れて股関節が開いている状態になるので、結果的に骨盤が開いているように見えます。

なので骨盤を開いているからといって、骨盤を引き締めることをしてもよくなりません。

 

必要なのは股関節の筋肉の緊張をとることです。

股関節の筋肉の緊張があると、骨盤が後ろに倒れます。

骨盤が後ろに倒れると、股関節が開きます。

そうすると今まで使ってない筋肉を使うようになり無駄な贅肉がつき、おしりの筋肉も使えなくなるのでおしりが垂れ下がります。

体重は変わってないけど、出産後から体型が変わったというのは、上記のことが原因なのです。

このようにして骨盤が開いて見える状態が作られていきます。

 

産後骨盤矯正

当院では根本的な部分から治していくことをします。

もちろん骨盤が後ろに倒れている姿勢も治していきます。他にもある骨盤のゆがみも一緒に治していきます。

バキバキしたり、ぐいぐい押したりはしません。

体に負担がかからない方法で、全身の筋肉の緊張をとり、良い姿勢をつくっていきます。

 

出産がきっかけで骨盤がゆがむのではなく、実は妊婦の時に骨盤のゆがみは出てきます。

出産によっても骨盤はゆがみますが、妊婦の時からのほうが要因としては大きいです。

当院ではマタニティ整体も行っているので、マタニティ整体から行っている女性が出産を経て産後の骨盤矯正として来院してくると、改善していく時間がかなり速いです。

なので妊婦さんの時から骨盤を調整しておくのがおすすめです。

 

自宅で出来るセルフケア

自宅で出来るセルフケアとして、当院でおすすめしているのがお風呂に入ることと、お水を飲むことです。

お風呂にはいることにより、筋肉の緊張がとれ血行がよくなります。

お水は1日2Lを目安に飲んでみてください。

身体の回復力が上がってきます。お水がたりないから、血行が悪くなることもあります。

お水は人間の60%を占めています。

ぜひやってみてください。

 

股関節のストレッチも1つ紹介します。

当院でもこの体操をやることにより、骨盤回りが細くなった等の声を頂いています。

~やり方~

①階段等の段差に片足で乗り、壁や手すりに摑まる

②片足をだらんとたらし力を完全に抜き、身体は真正面を向く

③前後に足をゆらゆらゆらす

 

~ポイント~

・足をゆらす幅は、前後20~30度ぐらいまで

・完全に足のちからを抜く

 

~動画~

 

産後の骨盤矯正に興味がある方は下記のリンクも参考にしてください。

当院は予約制となっていますので、気になる方はお電話でご相談してください。

産後の骨盤矯正の詳細はこちら

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る