脊柱管狭窄症は手術しなくても治る by冨田

 徳永院長が考案した体操が「壮快」という雑誌に紹介されました。

脊柱管狭窄症に対する体操がいくつか載っていて、その雑誌を見たのがきっかけで実際に来院してる方もいます。

脊柱管狭窄症で悩んで実際に手術するしないの選択を迫られている方も大勢いるかと思います。

ただ、手術しても改善する保証はありませんし、意外と変わらないということも多くあるのです。

そんな脊柱管狭窄症について解説していきたいと思います。

 

脊柱管狭窄症とは

そもそも脊柱管狭窄症ってなんだというところから説明しますね(´ω`*/

背骨には脊柱管というものが通ってます。

それが圧迫されて症状が出てきます。腰の部分が1番多いです。

原因は、ヘルニアや変形などでみられることがありますが、ほとんどの原因が加齢といわれています。

ご高齢の方に多いので、整形外科に行っても歳だから仕方ないよ、と言われる人がほとんどです。

症状で代表的なものは、間欠性跛行です。

間欠性跛行とはしばらく歩いていると足がしびれ痛くなり歩けなくなるが、しばらく休むと歩けるようになるというものです。

他は、痛みがでたり、感覚が鈍くなったりします。

治療法としては、ブロック注射や薬をのんだりする対症療法があります。

ひどくなれば、手術することもあります。

 

 

しかし、ブロック注射をしてもその時はいいけどすぐ元に戻ったり、手術したけどあまり変わらないという声が多いのが現実です・・

なので、死ぬまで付き合っていくしかないよとか、薬や湿布でごまかそうとか、現実の治療はそんな感じで進んでいくのです。

 

 

ここである疑問が生まれてきます。

本当に脊柱管狭窄症は加齢が一番の原因なのでしょうか?

そして一生治らないものなのでしょうか?

 

 

 

そもそも加齢が原因であれば、ほとんどの人がなってもおかしくないはずですし、実際症状はでてないけど狭窄してる人も中にはいるのです。

では何が本当の原因なのか?

それを究明していきましょう。

 

脊柱管狭窄症の本当の原因とは

それは姿勢や骨盤のゆがみです。

当院では脊柱管狭窄症で来院されて良くなった人はたくさんいます。

 その方達を見てみると、必ず腰に負担がかかっている姿勢があるのです。

簡単に言うと骨盤が後傾している人が多いです。

背中が丸まっていることです。

 

姿勢が悪く背骨に負担がかかると、だんだん骨が変形してきたりヘルニアになってきたりしてきます。

これが脊柱管を狭窄して症状が出てくるのです。

 

その原因を飛ばして、狭窄しているものを手術して物理的に広げようとしても原因が解決していないので手術しても変わらないという人が多いのです。

 

姿勢の部分から治さない限りはよくならないでしょう。

脊柱管狭窄症の症状はと腰痛や肩こりと比べると、脊柱管狭窄症のほうが治りずらいのも事実です。

しかし姿勢から根本治療をしていくと確実に良くなっていき、歩ける距離も長くなるのです。

 

脊柱管狭窄症で諦めている方は根本的な原因から解決していけば必ずよくなります。

当院では原因を見極め根本的なことろから治す「無痛ゆがみ調整」を行っております。

予約制となっておりますので、お電話でご相談してください。

根本的な解決をするメニューはこちら

 

脊柱管狭窄症を改善するストレッチ

実際に雑誌でも紹介された体操を紹介します。

やり方は動画で確認してください。

 

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る