ストレートネックって体に悪いの? by冨田

今日はストレートネックについてお話したいと思います。

2回のブログにわたってお話させてもらうので、次回のブログも一緒にごらんくださいm(__)m

 

ストレートネックとは

近頃『ストレートネック』という言葉が頻繁に使われるようになりました。

なぜ頻繁に使われるようになったのでしょうか。

近年、パソコンや携帯(スマホ)が普及し、仕事でも趣味でもパソコンと向き合う時間が長い人が増えたり、こどもから大人まで携帯を使ってます。

 

では、パソコンや携帯を使う時の姿勢を思い浮かべてください。

パソコンを使うときは頭が前に出て、携帯を使うときなんかは下を向くような姿勢になりますよね。

この状態が長時間続き、習慣化してくると、ストレートネックという状態になるのです。

上記のような時代の変化の影響を受けて、ストレートネックということばが使われ始めたのです。

 

ではストレートネックってどんな状態のことを言うのでしょうか?

実は背骨を横から見ると、くねくね曲がっていてS字状になっています。

この構造は、人間の頭の重さ(4~5㌔)を支えて体重を分散させています。

その中で頚椎は前弯していて、カーブを作っています。

ストレートネックは、この前弯がなくなる状態(姿勢)のことを言います。

前弯がなくなると背骨のカーブが変わるので、頭の重さが分散できずに首の骨や筋肉で支えるようになります。

分かりやすく言うと、お米5㌔の袋を想像してください。

それを首だけで支えているのです。

そして頭が前にいくほど、重さは倍増してます。

実際ストレートネックの人は、10~15キロぐらいの負担が首にかかっているのです。

ストレートネックが原因で引き起こされる症状は、

肩こり、首こり、自律神経の乱れ(頭痛やめまいなど)、手や腕のしびれや痛み等があげられます。

 

では、これらの症状を良くしていくには何が必要なのでしょうか。

薬や湿布でしょうか?

それとも、首をもみほぐすことでしょうか?

 

違いますね。

答えは姿勢から良くするというシンプルなものです。

首に負担をかけている原因から治さなければ、いくらもみほぐしても治りません。

しかし、姿勢も人それぞれでストレートネックになる要因もいくつかあります。

それを見極め治していかなければなりません。

次回は、そのストレートネックを作り出すタイプについてお話ししたいと思います。

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス
  • メルマガ

かみみぞ徳永整骨院

アクセス 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-12-4-1F JR相模線 上溝駅徒歩5分 平日(午前) 9:00~12:00平日(午後) 15:00~20:00 土曜日 9:00~14:00 定休日 日曜・祝祭日 代表者 徳永 英光

042-713-1290

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る